HOME>イチオシ情報>遺品を整理するだけでなく処分・買取・供養をしてくれる

処分だけでなく供養もしてくれる

ダンボール

遺族は、葬儀が終わった後に遺品整理という作業が残っています。しかし、自宅から遠かったり、家賃などの関係で素早く行わねばならない場合、遺品整理業者に依頼するのが効率的です。遺品整理業者は、遺族と一緒に遺品の仕分けを手伝い、不用品の買取・処分をしてくれるだけでなく、丸投げすることもできます。預金通帳や家の権利書などすぐに必要なものを探してくれるなど、プロならではの仕事をしてくれます。また、遺品整理をしていると、仏壇や写真など自分では処分しにくいものが出てくることもあります。遺品業者はそのような品を供養するサービスを行っているところも多いため、安心して任せられます。

費用は間取りによって異なる

ダンボール

遺品整理業者の費用は地域によっても異なりますが、ほとんどの場合は1ルームであるのか、2LDKであるのかなど、部屋の間取りによる料金設定となります。部屋数が増えるほど、費用も高くなります。一般的な相場としては、1Kが2万5000円ほど、1LDKが7万円ほど、2LDKが12万円ほどです。また、遺品整理業者は遺品を整理した後は掃除をして完了しますが、孤独死などで特殊清掃が必要な場合は、別料金として通常3万円ほどかかります。

自分でするよりも早い

ダンボール

遺品整理業者を利用した人は、自分でするよりも早いと仕事ぶりに満足している人が多いようです。遺族は思い入れがあるため、アルバムが出てきたらゆっくり見てしまったり、必要のないものでも捨てることに罪悪感を感じ処分できなかったりしますが、遺品整理業者は的確に仕分けしてくれるため、正しく遺品を整理できます。また、価値のあるものは買取をしてくれるため、料金の足しにすることができると好評です。慣れないことは、プロに任せるのが一番との意見も多く見られます。